下半身の冷え

太ももが冷たい原因はセルライト!?おしりを温めて冷えを改善しよう!

 

多くの女性の悩みである冷え性。手先や足先の体の末端だけでなく、太ももやおしりが冷えている人も多いのではないでしょうか。

いつまでも美しくありたい女性にとって、冷えは大敵。体が冷たくなっていると、肉体的にも精神的にもストレスを感じやすくなってしまいます。

 

冷えは万病のもとともいわれている通り、美しく健康であり続けるためにも、冷えを改善する生活習慣を心がけなくてはなりません。

もし、あなたの太ももやおしりが冷たくなっているとしたら、セルライトが原因になっているのかも。

 

セルライトが蓄積されると、太ももやおしりがさらに冷たくなり、全身に冷えを感じるようになってしまいますよ。

今回の記事では、セルライトをため込まない体づくりとして、冷たい太ももやおしりを温める方法についてご紹介していきましょう。

太ももが冷たくなる原因

 

冬の寒い時期はもちろん、夏でも太ももを触ると冷たいと感じることってありませんか?

結論から言ってしまうと、太ももが冷たいと感じているなら、

血行不良が起きているということ。

 

体温は、血液の流れによって保たれています。体が冷えていると、血管が収縮してしまって血液が流れにくくなってしまいます。

というのも、人間の体は暑さを感じると血管を拡張させて熱を放出するのに対し、寒さを感じると血管を収縮させて熱を逃がさないようにするから。

 

また、女性の体は男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪が多いのが特徴ですよね。知っている人も多いかもしれませんが、脂肪は熱を生み出さないだけでなく、熱を伝えにくいんです。

太ももやおしり周りは、脂肪が多く筋肉がつきにくいため、冷たくなりやすい場所。そして冷えて血行が悪くなっている場所には、あるものが溜まりやすくなってしまいます。それは、

老廃物。

 

血流が悪くなると、老廃物が溜まりやすくなってしまうもの。それが冷たい脂肪の多い太ももやおしりに蓄積されると、女性の大敵であるセルライトとなるのです。

さらに、太ももやおしりが冷たく、リンパの流れも悪くなっていると、足のむくみや冷えを強く感じるようになってしまいます。

 

冷えやむくみと無縁の生活を手に入れるためには、血行改善が一番の課題!

脂肪が多い太ももやおしりの血流を良くし、全身に血液をスムーズに循環させるためには、どんな体のケアが必要なのでしょうか。

冷たい太ももを温める方法

 

冷たいおしりや太ももを温めるのに効果的な方法。それは、

筋肉を鍛えること。

 

おしりや太ももが冷たいのは、熱を伝えにくい脂肪が多くついているから。脂肪が多いから冷たくて当たり前と思っていては、永遠に冷え性が改善することはありません。

使っていない筋肉をしっかり鍛えて、全身の血流を良くする努力をしていきましょう。

冷たくなった太ももの筋肉を鍛えるエクササイズ

 

冷たくなった太ももを温める簡単なエクササイズはウォーキング。ウォーキングだったら、運動が苦手な人でも取り組みやすいですよね。

では、どうしてウォーキングが効果的なのかというと、き方を変えるだけで筋肉を大きく動かすことができるようになるから。

 

足には第二の心臓と言われている場所があります。それが、

ふくらはぎ。

 

ふくらはぎの筋肉は、下半身に集まった血液を心臓へと押し戻す働きをするのですが、歩き方によってその筋肉の鍛えられ方が変わってくるんです。

 

結論から言ってしまうと、ふくらはぎの筋肉を鍛えるには、

つま先を上げて歩くと効果的。

 

できれば、地面からつま先を10センチ上げて歩くように心がけるといいでしょう。ふくらはぎの筋肉を刺激することができるため、ふくらはぎの筋肉を効率よく鍛えることができるんです。

 

また、つま先を上げて歩くことで、太ももからおしりの筋肉を刺激することができるので、下半身全体の血流を改善させる効果もあるんです。

 

さらに、小さな歩幅でペタペタ歩くのではなく、歩幅を大きくすることも効果的。

足の筋肉を意識して歩くことで、冷たくなった太ももやおしりの血流が良くなり、冷えを改善することができるでしょう。

 

1日15分から20分ほど、つま先を意識してウォーキングすることをおすすめします。早歩きをすると、ふくらはぎと太ももの両方を効率よく刺激できて、代謝アップにも効果的。

ウォーキングが終わったら、ふくらはぎ、太もも、おしりの順番で、マッサージをしておくと、セルライトのつきにくい下半身を作ることができるでしょう。

冷たい太ももを温める食生活

 

太ももが冷たい時は、体の外側から温めることも重要なのですが、食事は全ての基本。冷えを改善するためには、血液の循環を良くする食べ物を摂るように心がけましょう。

水分や血液が滞りがちな太ももの血流を良くするためには、余分な塩分や水分を排出してくれる、カリウム豊富な緑黄色野菜をしっかり摂ることが大切。

 

抗酸化作用のある緑黄色野菜は、血液をサラサラにしてくれるので、血液の循環をよくする効果があるんです。

野菜不足になりがちな人は、サプリメントで補うようにするといいでしょう。



まとめ

 

冷たい太ももを温める方法

・冷たい太ももを温める方法その1 ふくらはぎの筋肉を鍛える
・冷たい太ももを温める方法その2 つま先を上げて歩く
・冷たい太ももを温める方法その3 抗酸化作用のある緑黄色野菜を摂る

 

太ももやおしり周りに筋肉をつければ、ヒップアップにもつながります。冷えを解消すれば、美しいボディラインも手に入れることができますよ♪

あなたのポカポカライフを応援しています!

 

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします♪


冷え性ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村