下半身の冷え

寝てる時足が冷たい! 寝るときに足を温めるおすすめの対策とは?

 

寝てる時に足が冷たいのが気になったことはありませんか?末端冷え性だと、夏であればなんか今日は足が冷たいな、と思う程度であっても、冬になると足が冷たすぎて、なかなか寝付けないこともありますよね。

一日の疲れを次の日に残さないためにも、布団に入ったら冷えを気にせずに、すぐに眠りにつきたいものです。

 

ところで、あなたは寝る時に冷たくなった足をどのようにケアしていますか?

もし間違ったケアをしていた場合、足を温めようとしてやっていることが、かえって足を冷やしてしまう原因になっていることもあるんです。

 

季節に関係なく足を温かく保つためにも、正しい方法でケアすることが大切です。今回の記事では、寝るときの足の正しいケアの仕方について、お伝えしていきますね。

どうして寝る時足が冷たいと眠れないの?

 

足が冷たく冷え切ってしまっていると眠りにつけなくて、本当に辛いですよね。でも、本来、人間の体は眠りにつく前に徐々に体温を下げていくんです。

「深部体温」という言葉を聞いたことはありますか?深部体温とは、体の中心部分の温度のことで、人間の体温は深部体温が高くなると活動的に、深部体温が下がると眠くなるというメカニズムになっています。

 

そのため、体が睡眠の準備を始めると、体温も自然と下がってくるんですね。

体内に溜まった熱は、手足を通して体の外に出ていくのですが、手先や足先が冷たく冷え切っていると、血管が開いていないので熱をうまく外に逃がすことができず、熱が体内にとどまったままになってしまいます。

 

結果として、深部体温がいつまでも下がらないとなかなか寝付けないという状態になってしまうんですよね。

体の熱をスムーズに体外へ逃がしてスムーズに眠りにつくためには、手足を温かくしておくことが必要なんです。

 

では、寝る時手足を冷やさないためには、どんな対策をしたらいいのでしょうか。

寝るとき足が冷たい時はどうしてる?

 

寝る時足が冷たくならないように、靴下を履いて寝ている人は多いのではないでしょうか。実は、寝るときに履く靴下が原因で、冷えが悪化してしまうこともあるんです。

先ほどもお伝えしたとおり、体の熱は手足から体外に出されていくもの。なので、熱が逃げているところを靴下で覆ってしまうと、皮膚呼吸が妨げられて、蒸れてしまうんですよね。

 

蒸れた靴下を履き続けていると、水分を含んだ靴下は冷たくなってしまいます。結局、冷たい靴下を履き続けるような形になるので、足が冷たくなってしまうという悪循環が起きてしまうんです。

また、人間は睡眠中にも汗をかきます。靴下を履いて寝ると、足の裏に汗をかきやすくなるので、注意が必要。

 

とはいえ、寝る前から足を温かくするために靴下が必要という人もいますよね?では、寝る時冷たい足を温めるためには、どんな靴下を選んだらいいのでしょうか。

寝る時の靴下の選び方

 

寝る時に足を冷えから守る靴下選びで注意しなければならないこと。それは、

「吸湿性」と「放湿性」

 

汗を吸い取り、吸い取った汗を外に逃がす機能を備えた靴下を選ぶといいでしょう。科学繊維は吸放湿性が低いので、避けた方がいいですね。

おすすめはシルク素材の靴下。シルクということで値段は少し高くなりますが、シルクは吸湿性にも放湿性にも優れているため、寝る時に履く靴下としては最適です。

 

また、締め付けの強い靴下を選んでしまうと、足への血流が悪くなってしまいます。寝る時に履く靴下は、大きめのものを選ぶと血行不良を防ぐことができるでしょう。

足が冷たいからといって靴下に頼りすぎない

 

靴下を履いて冷たい足を温かく保つのは、質の良い眠りにつくために必要な場合もありますが、靴下を履いて寝ることに慣れすぎてしまうと、体は自分で熱を保つことができなくなってしまうこともあるんです。

靴下を履かなくても、冷たい足を温かく保つアイテムとしておすすめなのは、

レッグウォーマー

 

レッグウォーマーは足の裏まで覆わないので、水分を体の外に逃がすことができます。足首を温めるのと温めないのでは、冷えの感じ方がだいぶ違ってきますよ。

レッグウォーマーも靴下と同様に、締め付け感の弱いものを選ぶようにするといいですね。かかとやつま先のないタイプの靴下も、熱を逃がすことができるので、レッグウォーマーと同じ効果を感じることができるでしょう。

寝てる時足が冷たくならない足湯の仕方

 

寝る時に足が冷たく冷えないように、入浴は寝る前にするといいでしょう。体を温めるためにも、シャワーだけで済ませずに、しっかり湯船に浸かることが大切です。

もし、忙しくてゆっくり湯船に浸かる時間がないという人は、足湯をすると効果的ですよ。

 

足を温かく保つ足湯の仕方

  • お湯の温度
    42度~43度 (湯船に入る時よりもやや熱め)
  • 時間
    10分~15分程度
  • 足湯の最後に
    シャワーで冷水と温水を10秒ずつ交互にかける

 

入浴してから寝る前の間に足が冷たくなってしまった場合も、寝る前に足湯をしてからねると足を早く温めることができます。

くるぶしが隠れる程度のお湯を、バケツや洗面器に溜めて足湯をするのもいいですが、お風呂のふちに座って膝から下を湯船につけて足湯をすると、冷え切った足先の血流がよくなり、眠りに入りやすい状態にすることができるでしょう。

まとめ

寝る時に足が冷たいと、質の高い睡眠をとることができず、疲れが取れない体になってしまいます。

体をしっかりと休めるためにも、手足を温かく保って、スムーズな体温調節ができる状態にしておきましょう。

 

あなたのポカポカライフを応援しています!

 

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします♪





冷え性ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村