下半身の冷え

足が氷のように冷たい末端冷え性ー冷え性の症状を和らげる改善策とは?ー

布団に入っても、なかなか寝付けないほど足が氷のように冷たくなる足の冷え。本当に辛いですよね・・・。

どうにか温めようとして手でこすったりしても、氷のように冷たくなった足を温めることはなかなかできません。

 

冷えないように、お風呂上りにモコモコの靴下を履いたり、湯たんぽを布団に入れたりしても足が冷えていると、なかなか熟睡できないんですよね。

そして、朝起きる頃には布団の中で温まった足でも、布団から出るとまた一気に冷たくなっていく。特に冬の朝なんて、布団から出たくなくなるくらい憂鬱な気分になってしまうもの。

 

冷え性って本当に困りますよね。今回の記事では、氷のように足が冷たくなる原因と、冷えを和らげる方法をご紹介していきます。

足が氷のように冷たい原因は?

 

足が氷のように冷たくなる原因は1つではありません。でも、冷え性を改善したいなら一番に意識しなければいけないことがあるんです。

それは、

 

血流を良くすること。

 

結局、体の隅々まで血が巡っていないから、体の熱を維持することができないんですよね。

なので、足が氷のように冷たいからといって、足を温めることばかり考えていても、冷え性を克服することはできません。

 

まずは、血流を良くするためにできることを1つずつご紹介していきましょう。

内臓の冷え

 

「足が冷たいのに、おなかを温めるの?」と思いましたか?

実は、内臓が冷えていると、体は中心部分を温めようとするため、手足に運ぶべき血液を内蔵へと運ぼうとする働きをするんです。

 

そのため、体の中心が冷えていると、手足へ流れるはずだった血液は内臓へと流れていき、結果として末端まで血液が循環しなくなってしまうんですよね。

 

寒いところに行くと、手袋やブーツなどで防寒していても冷えてしまうことってありませんか?

これは、体の中心を温めようと血液が内臓へと集まってくるため、手足に流す血液が少なくなっているからなんです。

 

手足へ流れるべき血液をしっかりと届けるために、普段からおなか周りは冷やさないように心がけておきましょう。

カイロをおなかや腰回りに貼ったり、腹巻をするなどして、内臓を冷やさないことを意識するといいですね。

筋肉量の不足

 

なぜ足が氷のように冷たくなるほどの冷え性に悩む女性が多いのか。

それは、

 

筋肉量が少ないから。

 

筋肉量が少ないと、体の末端にある血液を心臓へと戻すことができません。

その結果、手先や足先まで血液が流れても循環させることができず、冷えの原因となってしまっているんです。

 

筋肉をつけるためには、普段から筋肉になる栄養素を含む食材を積極的に摂ることを意識しておきましょう。

筋肉になる栄養素とは、

タンパク質。

 

女性は男性に比べて、熱を生み出す筋肉よりも、脂肪の方が多いんです。だから、筋肉となるたんぱく質を積極的に摂らなければいけないんですよね。

 

筋肉を作る良質なタンパク質を豊富に含む食材には、次のようなものがあります。

 

筋肉を作る良質なタンパク質を豊富に含む食材

  • 肉類 (牛肉・豚肉)
  • 魚貝類 (カツオ・アジ・イワシの丸干し・しじみ など)
  • 大豆食品 (納豆・豆腐)
  • チーズ
  • ソバ
  • サツマイモ           

 

良質なたんぱく質を含む代表的な食材をお伝えしましたが、これだけ食べればいいというわけではありません。

食生活でも、冷え性改善を意識して3食しっかりとバランスよく食べることを心がけておきましょう。摂取しにくい栄養素は、サプリメントで補うのもおすすめです。



氷のように冷たい足を温める方法

 

今すぐにでも氷のように冷たい足を温めたいなら、冷たくなった部分を刺激したり動かしたりすることが、一番早く効果を感じることができるでしょう。

手首、足首を回したり、ブラブラ揺らしたりすると血の巡りが良くなって、体の末端部分を温めることができます。

 

血流が悪くて汗をかかない人は、体に冷えをため込みやすくなるんです。適度な運動を心がけることは、冷え性対策だけでなく、健康にもいい影響を与えます。

体力がなくても、自分のペースで続けられるウォーキングやヨガはおすすめですよ!いきなり長い時間やろうとせずに、20分ぐらいを目安に取り組むといいでしょう。

冷えを和らげる入浴方法

 

お風呂は、冷え切った体の芯を直接温めることができます。

氷のように冷たい足を湯船に入れる瞬間は、じんわりとぬくもりを直接感じることができるほっとできる瞬間ですよね。

 

やはり、体を心から温めるにはシャワーだけではいけません。しっかりと湯船につかって、体を温めましょう。

でも、体が温まるからといって、高い温度のお湯に入ればいいというわけではありません。冷えた体を芯から温めるには、半身浴が効果的。

 

38℃から40℃くらいのぬるめのお湯に20分ほどつかると、全身の血行がよくなり、体を芯から温めることができますよ。

入浴中も、ただ湯船につかるだけでなく、血液を送り出すふくらはぎや足の裏など、冷えやすい部分をマッサージしながら入浴しましょう。

 

足が冷えやすいなら、お風呂から出る前にシャワーで水とお湯を交互にかけるのを何度か繰り返すといいでしょう。

体は冷たい部分に熱を集めようとするので、お風呂から出ても足が冷えにくくなりますよ。

まとめ

 

いかがでしたか?

生活の意識を少し変えるだけで、徐々に冷えを和らげることができるでしょう。今回ご紹介したものも、取り組みやすいものから生活に取り入れてみてくださいね。

 

あなたのポカポカライフを応援しています。

 

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします♪


冷え性ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村