下半身の冷え

足の冷えが我慢できない! 眠れないほど足が冷える原因を徹底究明

 

氷のように冷たくなる足。足の冷えが我慢できないほど辛いのは、末端冷え性の人にとって深刻な悩み。

冷え性でない人には想像がつかないかもしれませんが、感覚がなくなるほど足が冷えてしまうと、夜布団に入ってもなかなか寝付けないんですよね。

 

また、眠りについた後も、体が冷えた状態では浅い眠りになってしまい、熟睡することができないんです。

多くの女性の悩みである冷え性ですが、冷えは万病のもとともいわれている通り、体が冷えていると不調が出やすくなってしまうもの。

 

しっかりと体温を保てるように、冷え性改善のケアをしていきましょう。

今回の記事では、足の冷えが我慢できないほどひどい時に、どんなケアをすればいいのかについてご紹介していきますね。

我慢できない!どうして足は冷えるの?

 

我慢できないほどの足の冷え。でも、どうして足が冷えるのか考えたことはありますか?冷え性の原因を究明し、冷え性改善を目指していきましょう。

どうして足が冷えるのか。それは、

足が心臓から遠い場所にあるから。

 

体内に流れる血液は、心臓から送り出されていますよね。心臓は、血液を全身に送り出すポンプのような働きをしています。

実は、私たちの体に走っている血管は、心臓に近いところを走る血管は太く、心臓から離れた場所にある血管は細い、といったように、心臓からの距離によって太さが変わっているんです。

 

そのため、足先は血管が細くて血液が流れにくく、冷えが起こりやすい場所。

 

また、血液を足に届けるだけでは、体を温かく保つことはできません。というのも、体の熱は、血液を循環させることによって保たれているから。

血液が足まで届いても、その血液を体の上部に戻すことができなければ、血液は循環しないですよね。

 

足先にはポンプ機能がないため、どうしても心臓からの距離が離れている手先や足先は、体の中でも冷えやすい部分になってしまうんです。

では、手足を冷やさないように血液を循環させるには、どんなケアが必要なのでしょうか。

血流を良くする効果的な足の冷えのケア

 

血液の循環をよくすれば、我慢できないほどの足の冷えも改善させることができます。心臓が血液を送り出す働きをしているというのは、先ほどもお伝えしましたね?

実は、下半身にも心臓と同じ働きをする場所があるんです。それは、

ふくらはぎ。

 

ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれているのは、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

下半身は、血管が次第に細くなっていくため血液が流れづらく、足まで流れた血液も上半身へ戻りづらくなっていますよね。

 

そこで、鍛えるべき場所がふくらはぎというわけです。

というのも、ふくらはぎの筋肉がポンプとなって、下半身に集まった血液を再び心臓に戻す働きをしているから。

 

ふくらはぎの筋肉が伸び縮みすることによって、血管を圧迫し、上半身に上ろうとする血液を上に押し上げることができるんです。

足を冷やさないふくらはぎのトレーニング

 

足の冷えを改善させる効果的なトレーニング。それは、

スクワット。

 

下半身の大きな筋肉を動かすことによって、冷え性を改善することができるんです。というのも、体の熱の約6割は、筋肉によって作られているから。

背中、おなか、おしり、太もも、そしてふくらはぎと、大きな筋肉をバランス良く鍛えるには、スクワットはもっとも効果的なエクササイズ。

 

正しい方法で行えば、血液循環もよくなり、冷えによるむくみも改善することができるでしょう。

 

足を冷やさない筋肉を鍛える正しいスクワットのやり方

  1. 足を肩幅よりも少し広めに開きます。
  2. 足のつま先を少し外側に向けて、内股にならないようにします。
  3. 背中を伸ばしたまましゃがんでいきます。
  4. 膝が90度になる位置まで体を落とします。
    (この時に膝だけでなく、股関節も曲げて体を落としましょう)
  5. 立ち上がる時は、お尻を締めることを意識しましょう。
  6. 1セット15回から20回を目安にし、慣れてきたら少しずつ回数を増やしてい見ましょう。

 

早くやることを考えるより、ゆっくりと正しいフォームでやる方が効果的。下半身の筋力をアップして、我慢できないほどの足の冷えを改善していきましょう。

食生活を見直して我慢できない足の冷えを改善しよう

 

きれいになりたいなら、我慢できなくなるほど手足を冷やしてはいけません。というのも、体が冷えていると太りやすくなってしまうから。

寒い冬でも、温かい部屋でなら大丈夫と思って、冷たいアイスクリームを食べたりしていませんか?

 

冷え性を自覚しているなら、冷たい食べ物や飲み物はよくありません。というのも、その時に手足に冷えを感じていなくても、内臓を冷やしてしまっているから。

体は内臓に冷えを感じると、手足に流れるべき血液を内臓へと流して体を温めようとして、手先、足先へと血液が循環せずに冷えを引き起こしてしまうんです。

 

暑い夏でも、冬の温かい室内でも、冷たい食べ物や飲み物を控えることが、冷え性改善の一歩と言うことができるでしょう。

体を温かく保つことができれば代謝も上がり、太りにくい体を作ることができますよ♪

 



まとめ

 

我慢できない足の冷えを改善させるケア

・血液の循環を良くする
・第二の心臓であるふくらはぎを鍛えて筋肉をつける
・冷たい食べ物・飲み物は控える

 

ウォーキングも、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのにおすすめです。ストレッチも取り入れて、筋肉を伸ばすことも心がけると血液の流れもよくなり、冷えない体をつくることができますよ。

あなたのポカポカライフを応援しています!

 

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします♪


冷え性ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ
にほんブログ村